Photoshopが月額980円で使える時代

写真の編集といえば今も昔もプロ用のソフトとしてPhotoshopが定番ですよね。

一昔前だとPhotoshopというと何十万円もして個人では手が出しづらいものだと思われていましたが、今ではサブスクリプションサービスで最新のPhotoshopがいつでも安価に使えるようになりました。

この記事ではPhotoshopを契約する際のプランについての解説とPhotoshopでどんなことができるのかの紹介を行います。

Photoshopとは

Photoshopは画像の編集をするためのソフトで、写真の補正をしたり画像を自然に合成したり画像を扱うこと全般ならなんでもできちゃうソフトです。

例えば、この記事のアイキャッチ画像のように人を痩せさせてみたり、写真の中の邪魔なモノを自然に削除したりすることができます。

写真の編集や加工をお仕事にしているプロの方も使っているソフトで、素人には少しオーバースペックなくらい多機能です。

Photoshopを使うために

以前はPhotoshopを含むAdobe製品はパッケージ版での購入が可能でしたが、現在はサブスクリプションサービスでしか使うことができません。

Photoshopを含むサブスクリプションのプランは以下の3つで、これから新しく使う場合にはそれ以外の選択肢はありません。

コンプリートプラン フォトプラン Photoshop – 単位プラン
5,680円(税別) / 月
※ 年間プランの場合
980円(税別) / 月 2,480円(税別) / 月
※ 年間プランの場合
Photoshop
Illustrator
InDesign
Adobe XD
Lightroom
Acrobat Pro
Animate
Dreamweaver
Premiere Pro
Premiere Rush
After Effects
Dimension
Audition
InCopy
Lightroom Classic
Media Encoder
Character Animator
Prelude
Fuse
Bridge
Lightroom
Lightroom Classic
Photoshop
Photoshop

見て分かる通り、Photoshopを使いたいならばフォトプラン一択で、さらにフォトプランならLightroomも使えるのでこれ以外を選ぶ理由がないでしょう。

Photoshopの他にIllustratorやAdobe XDを使いたいなど、Lightroomを除く他のソフトも使いたいならばコンプリートプランを選択しましょう。

但し、フォトプランには月々プランが存在しないため、年度の途中で解約する場合には解約手数料がかかってしまうため注意が必要です。

解約手数料
解約手数料 = 残りの契約月数 * 月額 * 50%

コンプリートプラン、単体プランは月々プランにすることもできますが、月額料金が若干上がるので注意してください。

Photoshopでできること

Photoshopでできることは沢山ありますが、その中でも簡単にできるモノの実例を簡単に紹介します。

邪魔なモノを消す

写真を撮るときに邪魔なモノが何も入らないように撮るのって結構難しいですよね。

そんな時でもPhotoshopがあれば10秒くらいで簡単に消すことができてしまいます。

背景が複雑だったり重なっている人などはうまく消せない場合もありますが、シンプルな場合には初心者でも簡単に消せてしまいます。

鉛筆画っぽくする

Photoshopを使えば実際に書かなくても鉛筆画っぽい画像を作ることができます。

あんまり使い道はなさそうですが・・・。

画像の色を変える

「あそこの色ちょっと気になるな」、そんな時でもPhotoshopがあれば簡単に特定の色を変えることができます。

モックを作るときなんかには簡単に色を変えられるので使えそうでいいですよね。

終わりに

Photoshopを契約する際のプランについての解説とPhotoshopでどんなことができるのかの紹介を行いました。

画像編集がお仕事ではない方でも「なんか面白いことできそうだな」と思って頂けたら嬉しいです。

私自身まだまだ使い始めたばかりなので、色々と覚えたらその方法を紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です