MacでPythonの環境構築

第三次人工知能ブームの影響か、最近ではPythonを使って何かをするという人が増えてきたように思います。

私もエンジニアの端くれとして、Pythonを使って何かやってみようかなと思いましたが、意外とPythonの環境構築が面倒臭かったので、MacでのPythonの環境構築方法を簡単にまとめておこうと思います。

ほとんどがQiitaなどで解説をしてくださっている方の受け売りですが、キャプチャ等を使用してわかりやすくまとめます。

 

スポンサーリンク

Macには初めからPython入ってるよ

さて、これからPythonの環境構築を始めようと思いましたが、実はMacには初めからPythonがインストールされています。

ターミナルで以下のコマンドを実行することで、現在インストールされているPythonのバージョンが確認できます。

私の環境の場合は、Python 2.7.10 がデフォルトでインストールされていますが、これは少し古いバージョンですので、3.x系のPythonをインストールしていこうと思います。

古いバージョンのものだと、ライブラリが対応していないことなどもあるため、ネットで情報が見つけられる程度には使用されている新しいバージョンを使用するのが良いかと思います。

 

Anacondaを使ってPythonのバージョン管理

私自身もあまり詳しくありませんが、現代の開発では開発環境(言語含む)もバージョン管理するようで、例えばPython3.5とPython3.6を同一マシン上にインストールしておき、いつでも切り替えられるといった感じで使えるそうです。

今はまだ「よくわからん!」な状態でも良いので、とりあえず流行に乗ってAnacondaでPythonを使ってみることにします。

Anacondaのインストール

以下のサイトからAnacondaをダウンロードしてインストールします。

https://www.anaconda.com/download/

この時に、「Python 3.6 version」と「Python 2.7 version」のどちらかを選択する必要がありますが、特別な理由がない限りここでは「Python 3.6 version」を選択しておきましょう。

ダウンロードが終わったら、ダウンロードしたpkgファイルを開いて、適当に進めていきます。







インストールが完了したら、Launch Padに Anaconda-Navigator が表示されていることを確認しましょう。

Pythonの環境を作る

Anaconda-Navigatorがちゃんと入っていることが確認できたら、実際にAnaconda-Navigatorを開きます。

左側にあるメニューの「Environment」を選択して、「Create」ボタンを押します。

「Name」には適当に識別できる名前を入力し、「Packages」はPythonの「3.6」を選択して「Create」ボタンを押します。

ボタンを押した後は、なにやら裏側でダウンロードやらインストールやらが動いているようなので少し待ちます。

一通り動いているのが終わったかな、と思ったら、自分が作った環境の再生ボタン(右三角のボタン)を押します。

コンテキストメニューが出てくるので、「Open Terminal」を押します。

勝手にターミナルウィンドウが開くので、冒頭と同じようにPythonのバージョンを確認してみましょう。

私の環境では、Python 3.6.6 がインストールされて動作していることが確認できました。

ここまででPythonの環境構築は完了です。

 

Pythonのプログラムを動かしてみる

Pythonの環境構築が終わったところで、ちゃんとインストールできているかの確認のために、適当なプログラムを動かしてみましょう。

適当なエディタにて、以下のソースを貼り付けた「hello.py」というファイルを作成します。

先ほど勝手に開いたターミナルで、上記のファイルを保存した場所まで移動し、以下のコマンドを実行します。

実行した結果、以下のように「Hello World!」と表示されていれば成功です。

 

終わりに

Anacondaを使用してのMacでのPythonの環境構築について沢山のキャプチャを交えてまとめました。

人工知能だけではなく、最近では様々な分野でPythonが用いられるようになってきているので、私も置いて行かれないように勉強をしたいと思います。

この記事を読んでくださった方も、環境構築をしただけで満足せずに、一緒に精進していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です