副業は誰にでもできるほど簡単ではない

働き方改革が提唱されて幾ばくか経過しましたが、副業を許可する会社も増えてきたと聞きます。

私自身もそうでしたが、低賃金で働く方の中には副業で今よりもゆとりのある生活をしたいという方もいるかと思います。

実際に私は会社を退職して独立することで、現在の本業とは別に数々の副業に手を出してみました。

結論だけ言えば、どの副業に関しても一時的にお金を得ることはできても継続してお金を得るのは簡単ではないということがわかりました。

この記事では、私の経験を踏まえて『副業は誰にでもできるほど簡単ではない』ということを伝えていきます。

 

スポンサーリンク

どんな副業があるの?

さて、いきなり「副業解禁です!」なんて言われてもどんな副業があるかわからない方の方が多いかと思います。

副業は、基本的には本業に対して利益相反とならないこと本業の業務に支障が出ないことを守れば、大体何をやってもOKです。
(もちろん法律に違反することはNGです)

企業によっては別の会社や人に雇われることは禁止している場合もあるので、就業規則などを確認した上で副業を行いましょう。

 

副業の例

全ての副業を列挙するのは不可能(お金が発生すれば副業になりうるので)なので、ここではメジャーなものや簡単に取り組めるものを紹介します。

アフィリエイト

アフィリエイトは、自身のメディア(媒体)に広告を貼って、広告経由で商品が購入された場合に購入された商品の数%または固定額が得られます。

決められた広告だけでなく、Amazonや楽天などのショップから商品を選んで広告とすることもできるため、多くの方が取り組んでいる副業です。

広告は、企業と直接契約を結ぶこともできますが(個人単位ではほぼ無理)、一般的にはASPという広告主との仲介をしてくれる事業所と契約を行うことで貼り付けることができるようになります。

よく使われているASP

 

ブログ

ブログは、アフィリエイトとも重複する部分もありますが、自身のメディア(媒体)にGoogle Adsenseやnendといった広告を貼って、表示されるorクリックされるだけで広告に応じた報酬が得られます。

芸能人や著名人が運営しているブログとは異なり、ブロガーと呼ばれる人たち(自称?)が面白い話を書いたり役に立つ話を書いたりしています。

最近ではブロガー向けのブログ記事を書いている人も多くいるようで、それだけ沢山の人がやりたがっている(参入障壁が低い)ことを表しているかと思います。

 

転売

転売は、自身が購入したものを別の人に売ることでその差額を得ます。

最近では、新商品や珍しい商品が出るたびに転売ヤーと呼ばれる方々が買い占めを行ってしまうため、迷惑を被っている方も結構いるようです。
(私もNintendo Switch購入時に痛い目に遭いました)

後ろ指を指されない方法で転売を行う場合には、海外から安価で仕入れて国内で利益を乗せて販売するといった方法が主流かと思います。

 

ドロップシッピング

ドロップシッピングは、転売とは違い在庫を持つことなくショップサイト運営を行い、原価に上乗せした利益を得られます。

ドロップシッピング(Drop Shipping)とはインターネット上における商品の広告または販売の一形態で、商品等をウェブサイトの閲覧者が購入した場合に商品の発送(場合によっては請求も含む)を販売したウェブサイトの提供者や広告者ではなく製造元や卸元が直接行う取引方法の名称である。

出典:ドロップシッピング | Wikipedia

商品が売れなくても在庫を抱える心配がないので始めやすそうに思いますが、初心者の方にはショップを開店するまでが大変です。

 

株・為替・仮想通貨

株・為替・仮想通貨は、購入時の金額よりも高値で売ることで利益を得られます。
(もちろんマイナスとなることもあります)

昨年(2017年)は仮想通貨バブルの影響で多くの方が仮想通貨に手を出しましたが、今年(2018年)の年初に大暴落をしてしまったために大損を被ってしまった方も大勢います。

株・為替・仮想通貨のどれにも言えることですが、リスクを取らないと大きく勝つことができないため、知識がないと難しい副業であると言えます。

 

技能販売

技能販売は、ココナラなどのサービスを使用し、自身の保有する技能や時間を販売して利益を得られます。

比較的販売単価は安くなる(500円〜5000円程度)ため、軽作業や情報商材の販売が主流であるように感じます。

売れているかはわかりませんが、結構適当なものも販売されていることもあるので、登録だけしておいてもいいかもしれません。

 

副業斡旋サービス

ここまで紹介した副業は能動的に行うものでしたが、それとは別に企業や個人が出している仕事を請ける場合にも副業となります。

コネがある人などは直接企業からお仕事をもらうことができる場合もありますが、そうでない人の場合にはクラウド上のお仕事紹介所のようなところ(クラウドソーシングサイト)で仕事を請ける事ができます。

メジャーどころだと、クラウドワークスランサーズがとても有名で、「クラウドソーシング」で検索をすると大体この2つしか出てきません。

クラウドソーシングサイトで請けられる仕事は多種多様で、なんのスキルもない方ができるものから専門の技術を習得している方しかできないものまで数多くあります。

簡単なものだと、「アンケートに答えるだけ」「○○と検索する」等といったものもありますが、作業が簡単な分単価は1円〜数10円程度だったりします。

クラウドソーシングサイト

 

試した副業とその結果

ここまでいくつかの副業について紹介を行ってきましたが、その中で私が試したもの、そしてその試した結果について報告します。

アフィリエイト

多くの副業紹介ブログで「副業はアフィリエイトがオススメ!」と書かれていたため、何も考えずにアフィリエイトを始めてみました。

適当に「WordPressでブログを立ち上げて商品を紹介するだけなんだから楽勝だろ!」と考えていましたが、アフィリエイトブログを運営する上では記事数が重要(もちろん質も大事)であり、かなり多くの時間を費やさないと記事数を量産することはできませんでした。

よくよく考えると、営業もしたことのないエンジニアがいきなり商品の紹介をするってかなりハードル高かったです。

最終的には、セルフアフィリエイトで2万円程度稼いだだけで、アフィリエイトサイトは全て潰しました。

 

ブログ

続いて、参入障壁が低く手軽に始められそうなブログにも手を出してみました。

はてなブログなどのレンタルブログサービスを使っている間は、同サービス利用者同士でアクセス数をかさ増ししている感がありましたが、色々と制約も面倒だなと思いWordpressに移行した途端アクセスがなくなりました。

また、ただでさえ私は遅筆なのですが、厄介なリセット症候群によりブログを丸ごと消してしまう事が多々あり、記事数が増えない&SNS関係を初めから構築し直しということが度々ありました。

結局、Google Adsenseで得られた報酬は、累計しても未だに最低引出額にも達していないため利益は0円です。

 

仮想通貨

昨年の正月頃に、爆上げする前の仮想通貨に目をつけ、ちまちまと仮想通貨を購入していました。

何もしなくても値上がりしていって常に最高値をつけていくので、適当なタイミングで買ったり売ったりをして少々の利益を得ていました。

また、急騰直前には草コインにも手を出して、3万円程度で購入したものが最大時で130万円程度にまで騰がりました。

年始になってもその勢いは衰えないだろうと考え、利確はせずに保有し続けた(実は今も)結果、ついに元本を割ってしまいました。

結局、なんの知識もない私はただのイナゴだったようです。

 

技能販売

私は一応システムエンジニアなので、ココナラで学生向けのプログラミング指導サービスを販売してみました。

販売したサービスの説明に対応可能言語等を書いていたのですが、ことごとく説明を読んでいない方ばかりに購入され、実際に成約したのは2件だけでした。
(C/C++だけって書いてるのにC#の課題を出してきたり、大学の研究を丸投げしてきたり、結構酷かったです)

割高な手数料を引かれた結果、最低引出額に満たないためこちらも利益は0円でした。

 

クラウドワーク

能動的に稼ぐのが無理なら受託でやろうと思い、クラウドワークにも挑戦しました。

しかし、私の保有スキルがクラウドワークと相性が悪すぎて請けられる技術系の仕事がほぼなく、1件の仕事も行うことは出来ませんでした。

新たなスキルを習得することで請けられる仕事の幅を広げるという考えもありましたが、本業もある中でそれだけの時間を作るのは難しいと考え断念しました。

結局、何もしていないのでもちろん利益は0円です。

 

副業で稼ぐことは簡単ではない

私が試してきた副業とその結果から、副業で稼ぐことは簡単ではないことはわかって頂けましたでしょうか。

結局のところ、実戦で即使える知識・スキルを保有している多くの時間をかけられる人でなければ副業で継続して稼ぐのは難しいと思います。

それだけ副業に対して真剣に向き合えることが重要で、本業での安定した収入に満足している内はなかなか難しいかもしれません。

私自身、これからも色々な副業に挑戦(このブログもその一環です)しますが、今度こそは結果を出せるように真剣に向き合っていかないとなと思います。

この記事を読まれた方には、副業は簡単ではないことを理解した上で、副業に真剣に向き合って稼げるようになって頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です